宮城県での遺言書の作成・相続手続きのご相談はお任せください。

相続人になれるのはだれ?

民法で誰が相続人になるか決められています。
これと「法定相続人」といいます。

法定相続人は、
①配偶者
②血族相続人
の2本柱になってます。

①配偶者

配偶者は常に相続人

配偶者(妻または夫)は常に相続人になります。
ほかに血族相続人がいればその人と一緒に相続人になります。

夫婦

 

②血族相続人

血族相続人は第3順位まで

血族相続人は第1順位から第3順位まで優先順位が決められています。
まず第1順位の人がいれば、その人が相続人になります。
いない場合は次の順位の人が相続人になります。

第1順位の相続人は、子または直系卑属(孫など)になります。子が先に亡くなっていた場合は孫が相続人となります。
第2順位の相続人は、父母などの直系尊属が相続人となります。
第3順位の相続人は、兄弟姉妹が相続人となります。

例えば、第1順位の相続人がいない時は第2順位の相続人(父母などの直系尊属)が相続人となります。

家族団らん

ご連絡お待ちしております TEL 022-385-5477 9:00〜18:00(日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 行政書士三浦事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.